<農業研修生の募集について>

 

【募集の背景】

本町は少子高齢化が進み、担い手農家の減少により、農地の遊休地化や耕作放棄地の発生など地域農業の将来が懸念されています。

そのような中で、町外より農業を志す方を募集受け入れを行うことで、地域農業の活性化を図るものです。

 

 【こんなお仕事】

① 熱帯果樹類の栽培管理

② 熱帯果樹類の苗づくり

③ 施設周辺の環境管理

 

【こんな人を求めています】

・農業をしていきたい方

・地域住民とコミュニケーションのとれる方

・田舎暮らしを好まれる方

 

【業務終了後のイメージ】

農家として自立し、他の農家さんと連携して6次産業など加工品の商品開発など取り組んでほしい。

就農一時金のサポートを行っています!

 

【南大隅町の農家さんに話を聞きました<後藤さん夫妻>】

東京から22年前に移住。その頃、農業をするために移住する人は珍しかった。

現在はピーマンと、紅茶の製造から販売を行なっている。(大阪マルシェで1500個完売するほど好評)

 

(この仕事の魅力は何ですか?)

現在6人の子供がいます。子どもたちがのびのびと成長できる、子育てにとっても良い環境です。例えば、東京では周りに迷惑になるからと「静かにしなさい!」とばかり言っていたのですが、ここでは、周りの方々から子どもは、どんどん騒がせなさいと温かい言葉をかけてもらえました。温かい人や自然に囲まれているので、学校だけでは学べないことを学べる環境だと思います。 

 

(大変だと思うことは?)

必要なものはネットでも買えるし、そんなに困ることはないです。鹿児島弁は大変でした!行事など積極的に参加し、だんだんと理解できるようになってきました。

 

(ここに来て変わったことは?)

以前はサラリーマンで帰る時間が遅く、子どもの寝顔しか見れませんでした。ここに来て家族との時間が取れるようになったことはとても良かったです。

 

(こんな人に向いているかも!)

やる気がある人!技術がなくても大丈夫ですよ。私もベランダでナスを育てられないくらいだったので(笑)

 

(移住を決めたきっかけ)

南大隅で農業されている方と知り合い、このような生活できるんだ!と数字に追われる世界にいたので驚きました。自分でも始めることができるんだと知り、やってみようと移住を決めました。その日のうちに相談に行くと、役場の方が制度(町営住宅、引っ越し費用、自立サポートなど)を1年かけて準備してくれました。地域の方々が温かく迎え入れてくれたことは移住前の安心になりました。

 

【募集要項】

募集職種〔人数〕: 南大隅町役場 経済課〔1名予定〕

 

募集対象:下記の①~⑧の要件を満たす方。  

 ①年齢20歳以上、50歳以下の方〔平成29年4月1日現在〕  

 ②生活の拠点として次に掲げる都市地域に住民票があり、隊員決定後生活拠点として住民票を南大隅町内に移すことができる方  

 ③心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方  

 ④地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために精力的に活動できる方  

 ⑤協力隊終了後も南大隅町に定住する意思のある方  

 ⑥普通自動車運転免許を取得し、日常的に利用されている方  

 ⑦パソコン(ワード、エクセル、インターネット、Eメールなど)を日常的に利用されている方  

 ⑧町の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方  

 ⑨地方公務員法第16条に規定する欠格条件に該当しない方 

 

活動地域:南大隅町役場企画観光課〔南大隅町根占川北226〕および、 町内の全域。 

勤務日数:原則5日/週 

勤務時間:原則8:30~17:15〔1日7時間45分、週38時間45〕     

     ※夜間、土日等の勤務は、週勤務時間内で振替対応となります。 

 

雇用形態:南大隅町非常勤職員(南大隅町長が委嘱します。)

雇用期間:委嘱の日から2019年6月30日まで

     次年度から年度ごとに委嘱することができるものとし、最長3年間(委嘱の日を起算日として)とします。

 

報酬:月額18万〔その他、賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。〕 

待遇及び福利厚生:勤務時間中は、活動に必要な自動車とパソコン、事務用備品等を貸与します。   

         中山間地域等での生活や通勤手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車当等の持ち込みを強くお勧めします。

         居住地として、町が用意する住宅に居住していただきます。

         その際、協力隊員としての活動期間中は無償で貸与する予定です。

         〔光熱水費等は自己負担です。また、上記以外の住宅での場合は、住宅料等は個人負担となります。〕

         健康保険、年金、雇用保険等の社会保険に加入します。また年次休暇等は町の条例等を適用します。 

 

→エントリーはこちらから